ディマティーニ・メソッドによるカウンセリング、コーチング、ワークショップと成れる会のマインドセットで人間関係改善やビジネス成功、豊かさ実現を強力にサポート

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

略歴

写真東京生まれ
女子学院中学・高校、
早稲田大学第一文学部教育学専修卒

1990年〜  京都府北部京丹後市在住

ディマティーニ・メソッド、
ディマティーニ・バリューファクターファシリテーター

2016年〜
マインドセット、マーケティングや人生の目標達成を実践的に学ぶ「成れる会丹後ビジネスマインド実践塾」代表

一般社団法人日本マインドセット協会認定インストラクター

2018年〜 【広岡ビジネスメソッド】4emホールディングス  事務局

———————-

中高をキリスト教系の受験校で過ごし、
ガンジーの映画上映、
広島の旅、障害児施設での研修などを経験して、
平和や人々が幸せに生きる社会、
教育などについて興味・関心が形成されました。

大学生のころは、学内では教育関係のサークル、
学外では「創造の広場」というサークルに属し、
ミニコミ誌を発行したり各種催しを企画。
1年夏休みにピースボートに乗船しフィリピン・ベトナム・カンボジア・沖縄を訪問、
異文化に触れて刺激を受けることに味をしめ、以後毎年のようにバックパッカー格安旅行。
2年春中国、3年夏タイ・ミャンマー、卒業旅行ヨーロッパ。
タイでは北部少数民族が住む地域で活動されていた日本人の農場を訪ね、一緒に農作業をさせてもらっていたら日本人カメラマンの方にアカ族少女と間違われて写真を撮られたことも…
タイで出家して僧侶になられたプラ・ユキ・ナラテボー(坂本秀行)さんとご縁が出来たりもしました。
ヨーロッパ旅行では、日本からのシュタイナー幼稚園園長さん等のツアーに同行させていただき、ゲーテアヌム、シュタイナー幼稚園・学校などを見学させていただく機会も得ました。

瞑想、KJ法に触れたのも大学生の頃。
KJ法は、文化人類学者の川喜多次郎さんが開発された、定性データをまとめたり、ブレーンストーミングなどにも活用できる問題解決の方法。
既存の思考の枠組みを外し、データに耳を傾けて本質追求や構造化するところや、新しい発想が浮かんだりグループで意欲が高まったりするのが有用で心地よく、自分の思考のベースになっていて、ディマティーニ・メソッドを行う上でも非常に役立っています。

大学4年の時にKJ法に関係した地域活性化の催しにスタッフとして関わったことがきっかけで、
1990年秋より京都府北部丹後地方に移住
(東京で一緒に活動していた4歳年上の夫が先に丹後に住んでおり結婚)。

「東京からこんな田舎になんでまた」とよく言われましたが、
東京にいてもファッション・ショッピングなどに興味はなかったし、
発展途上だった東南アジア等の旅行で電気もない村の宿泊体験もあり、違和感は感じませんでした。

20代後半からは、夫と共に自然農をしたり、その後夫が設立した会社の仕事をしながら、3人の子供を自宅出産、子育て。
長男が生まれて半年後に、グレン・ドーマンさんの「子供の知能は限りなく」という本を読み、
長男が5歳になる頃フィラデルフィアの人間能力開発研究所で1週間のベターベビーコースを受講。
健常児向けコースで、
親が赤ちゃん・小さい子供に意図的に愛情を持ってどう働き掛けると子供の発達が促されるか…という内容でしたが、脳障害児向けのリハビリプログラムとしてドーマン法に取り組んでいるご家庭もあり、一部が障害を負っていても脳は頻度・強度・継続時間を高めて使えば使うほど発達する、障害を受けた部位の代わりの働きを残された部位が補うこともできるということを知りました。
学習障害児だったDr.ディマティーニが「現代の哲人」といわれるまでになったこととも共通点があり、
「人は誰でも素晴らしく偉大なことを成し遂げるために生れてきた」というDr.ディマティーニの言葉は真実だと確信する背景になっています。

なお、次男は、アメリカから帰ったすぐ後に3歳児検診で右目が先天性白内障とわかって半年後に手術、弱視の視力を発達させる訓練を兼ねてカードを見せたり、家の中をあえて高這いしたり、3人の子供たちの中でドーマン法を一番しっかり行いました。
あくまで3人の子供達の中での比較で、大したことをしたわけではないのですが、
それでも中学入学後知性面で頭角を現し、天才肌のところがあります。
白内障というマイナス要因が、トレーニングにつながり恩恵をもたらしたと思います。

仕事では、ホームページ作成・ディレクション・SEOを行っていたことも現在の活動に非常に活きています。
「デザイン」「ディレクション」は、
「混沌から秩序へ」「何もないところから価値を生み出す」「思考の現実化」などの共通点があり、
好きなことなのだと思います。

大学生のころから瞑想もしていて、
自己啓発セミナー、瞑想リトリート、引き寄せの法則セミナー・リトリートなどにも複数参加。

2012年 9月に「心を知る技術」を読んで感銘を受けたのがディマティーニ・メソッドを知った最初。
出版記念セミナー招待に当選し、大阪のDr.ディマティーニ来日講演を聞きました。

2013年 2月
ブレークスルー・エクスペリエンス受講、ゴールデンウィークにトレーニングプログラム受講
5月・7月
ディマティーニ・メソッド for グループス 大阪 ファシリテーター参加
9月
ブレークスルー・エクスペリエンス ファシリテーター参加
2014年
ディマティーニ・バリュー・ファクター・ビジネストレーニング ベーシックおよびアドバンスコース受講
5月
ブレークスルー・エクスペリエンス ファシリテーター参加
7月
DMトレーニングプログラム再受講。

中略

2017年
5月
DM熊本復興チャリティ 準備および当日ファシリテーターとして参加
(ホームページ、チラシ作成担当)

10月
アドバンスDMトレーニングプログラムを受講し、サーティファイド・DM・ファシリテーターに
12月 ディマティーニ・バリュー・ファクター・ビジネストレーニング アドバンスコース再受講・資格更新

(このHPを開設した当初は、SNSのハンドル・ネームmily(みりー)を使っていたため、その表記が残っているところがあります。)

このサイトを訪問して下さったみなさまへ

私は長い間、もっと何かできるはずだと思いながら何か分からず、
自分のことを中途半端な存在だとみなしていました。
しかし、Dr.ディマティーニに出会い、ワークを通じて、自分を卑下しなくなり、自分が何者なのか確信を持てるようになりました。

ですので、
本当にやりたいことが何なのかはっきりわからな方、
「どうせ自分は・・・」と自己卑下してしまう方、
「自分を愛せるようになりたい」と願っている方、
気分の高揚と落ち込みの浮き沈みを繰り返してしまう方などの気持ちがすごくよくわかります。

でも、今のあなたがどんな状況にあろうとも、あなたは素晴らしい存在です。
そして、Dr.ディマティーニの方法なら、
何ヶ月・何年も時間をかけなくても、確実に人生に変化をもたらすことができます。

「Dr.ディマティーニの最高の自分が見つかる授業」より
私は、この宇宙は、ある知性を持つ存在が表現したもので満ちあふれていると信じている。
そしてそれらが、自然の法則を通じて、高度の規則性と数学的な秩序と優雅さを表出していると信じている。
さらには、この宇宙そして世界は、生きとし生ける有機生命体および組織が支援と試練のバランスを通して進化を遂げられるようサポートしていると信じている。

私にとって価値が高いこと、人生で本当にやりたいことは「成長促進」、
具体的には次のようなことです。

  • 自分の枠組みや認識のフィルターから自由に、気づき、意識を拡大・成長させる
  • それら意識の探求を、DMや瞑想の実践などで体験的に知り、ご縁のある方に波及させ、それぞれが大好きなことで共に豊かに輝く世界をつくる
  • リラックスしてインスピレーションを感じるのに自然環境や一人の静かな時間も大切にする
  • 特に、子供(赤ちゃんから中高生まで幅広く)が能力を発達させて自分の人生の可能性を広げる基礎を築くこと、自己教育力を育むことに貢献する
  • 世の中に価値を提供し、感謝されて信頼やお金を稼げる人、人の前を歩く真のリーダーを多く輩出する、現代社会の「メンター」的存在になる

selflove

共感いただける方は、こちらのメール講座にぜひご登録ください。

「量子的気づきに根ざした成功の7つの秘訣」無料メール講座

会員コース開始
お得な会員制度(月額課金)を設け、インターネット(zoom)によるDM個人セッションにプラスして、チャットワークを通じたビジネス、マーケティングに関するご相談もいただけるコンサルを提供開始しました。「量子的気づきに根ざした成功の7つの秘訣」無料メール講座の最後にご案内していますので、まずはそちらにご登録ください。お急ぎの方は電話またはフォームよりお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください TEL 090-3612-1644

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
「量子的気づきに根ざした成功の7つの秘訣」無料メール講座



※Demartini Method®はコピーライトおよびトレードマークによって厳格に保護されています。 Demartini Method® を個人的な目的で自分自身に使用することは認められていますが、ビジネス目的や公に使用するのは、Dr.ジョン・ディマティーニとDemartini Instituteの承認または公認を受けた団体による正式なトレーニングを受講し、資格を有した場合にのみ許可されています。
PAGETOP
お問合せお電話はこちら